【WordPress】キャッシュ系プラグインのWP Super Cacheが邪魔。

ページの表示速度を早める目的で、長いことワードプレスのキャッシュ系プラグインとして代表的なプラグインである、WP Super Cacheを使っていましたが、本日イラっとしたことがあったので削除しました。はい、邪魔する奴には容赦しないタイプです。

 

<問題>

ことの経緯を言うと、現在進行形でワードプレス上に「メディアを追加」ができない、つまり画像をアップロードすることができない事象が発生中です。その解決方法をググったところ、すべてのプラグインを停止するという解決案が多々見受けられたので、一か八か実行してみました。

 

ところが、WP Super Cacheがエラーを吐くせいで、いちいちFTPを操作しないと、プラグインのon/offができない現象に陥りました。これでは効率が非常に悪い…ということで削除。バイバイ。ちなみにエラーの内容は以下です。

・警告! Could not update /home/users/1/******/web/wp-config.php

└・警告! /home/users/2/******/web/wp-content/advanced-cache.php がないか、更新できません。

 

警告の下に、さらに警告が表示されているという、悪質極まりない、ワードプレス初心者な自分にとっては、非常に「うわぁ…」な見た目でしたが、意外と解決方法は簡単だったので以下備忘録。※あくまでも個人的なメモとしてなので万人に参考になるかは不明です。

 

<環境ルール>

・エラー内容(上記記載)

・使用中サーバーはロリポップ

 

<解決方法>

WP Super Cacheを停止させたくても、そのページが表示されず、上記記載のエラーが表示されてしまう場合、一旦ロリポップにログインして、WEBツール→ロリポップ!FTP→wp-config.php→現在の属性「400」を「644」に変更して、最後に保存します。この手順で上記記載のエラー表示がなくなり、WP Super Cacheプラグインの設定ページに飛べるようになります。つまり正常に戻る。

 

400はphpへの書き込み制限オンの状態で、644がphpへの書き込み制限が解除された状態らしいけど、phpというもの自体が謎なため説明は割愛!これが素人のやり方なのである。

 

制限が解除された状態で、普通ならプラグインの設定を見直すのだろうけど、イラっとさせられてしまった手前、消さないと気が済まないので削除しました。スッキリ!最後に644にした設定を、元の400に書き換えて終わりです。いつか事故るよね!

 

次は写真のアップロードが出来なくなってしまった現象をどうにかしないと…一難去ってまた一難。

PR



-WordPress
-,