仮想通貨まとめ2018 -種類一覧から購入方法まで-

2018/01/12

おすすめ取引所

あけましておめでとうございます。naoya(@elp708)です。2018年最初の投稿は、今年も大注目されるであろう仮想通貨ネタになります。本年もEyeLovePhoto.をよろしくお願いいたします。

 

さてさて、2018年に入ってからも様々なニュースで「カソーツーカ」というワードを聞く機会が多くなってきましたが、まだまだ世間一般としては「カソーツーカって何?ビットコイン?リップル?ネム?モナ?よく分からない…」と思われる方もたくさん居ると思っています。でも、安心してください。

 

今はまだ「仮想通貨(カソウツウカ)」が注目され始めた段階なので、自ら積極的に知識を取り入れようとしない限り、知らないことだらけであるのも当然です。でも、もう何年もすれば「仮想通貨で割り勘しよう!」みたいな会話が当たり前になるかもしれませんよ?世の中の技術進歩なんて、そんなものでしょう。

 

そんな仮想通貨について、僕自身もまだまだ素人ながら「これだけは知っておいてもイイ!」とうことや「これだけはやっておくべき!」ということをまとめてみました。仮想通貨がよく分からないという方にも、なるべく分かるように書いてみるので、ご一読いただければと思います。

 

仮想通貨の種類

代表的な仮想通貨が「ビットコイン」というだけであり、ほかにも「リップル」「ネム」など、世の中には1,000種類を超える仮想通貨が存在します。有名な仮想通貨から無名なものまで、とりあえず20種類ほどまとめてみました。いくつご存知ですか?

No. 仮想通貨名称 コイン略号
1 ビットコイン BTC
2 リップル XRP
3 ネム XEM
4 ビットコインキャッシュ BCH
5 モナーコイン(モナコイン) MONA
6 イーサリアム ETH
7 イーサリアムクラシック ETC
8 モネロ XMR
9 ライトコイン LTC
10 リスク LSK
11 オーガー REP
12 ファクトム FCT
13 ダッシュ DASH
14 メイドサーフ MAID
15 ネクスト NXT
16 ブラックコイン BLK
17 ステラルーメン XLM
18 ジェムズ XGEM
19 ネバーダイ NDC
20 ジーキャッシュ ZEC

ビットコインやリップルが注目されているだけで、ステラールーメンやオーガーといったイケてる名前のコインや、ネバーダイ(決して死なない)やモナーコイン(2ちゃんねる発祥のキャラが由来)といった、ぶっ飛んだ名前のコインまで存在するんです!※豆知識:全て仮想通貨ですが、イーサリアムやリスクのように「○○コイン」と呼ばない仮想通貨もあります。

 

いま注目されている仮想通貨はリップル

2018年は、数ある仮想通貨の中でも、ズバ抜けてリップルが注目されています。実際に2017年12月初旬は1XRP(リップルコイン1枚)あたり30円にも満たなかったものが、2018年1月現在は1XRPあたり300円以上の価格となっています。

2017年12月(1XRP/30円)で購入 リップル購入枚数 2018年1月(1XRP/300円)の資産
10,000円 333枚 約100,000円
100,000円 3,333枚 約1,000,000円
1,000,000円 33,333枚 約10,000,000円

分かりやすいように表にしてみました!2017年12月に10,000円で333枚のリップルを買っていた場合、2018年1月には333枚の資産価値が、約100,000円にまで増えたことになります。

今回は2017年12月〜2018年1月のリップル高騰を例にして、資産がどれだけ増えるのかをシミュレーションしてみましたが、それ以前のリップルは1XRP/10円を下回っていた時期もあるため、その当時からリップルを購入していた方は、リップルを保有していただけで総資産が10倍以上に膨れ上がった計算となります。

仮想通貨で儲けた人が、先見の明がある方だったのか、それとも運の良い人なのかはさておき、こうして実際に仮想通貨で総資産が1億円を超えた人々のことを通称「億り人(おくりびと)」と呼びます。まさに仮想通貨ドリームです。どうせ仮想通貨で遊ぶなら億り人を目指しませんか?

 

仮想通貨の購入方法

2018年も大注目の仮想通貨は、まるでAmazonでインターネットショッピングを楽しむくらいの手順で、サクッと簡単に購入することができます!

  1. 仮想通貨取引所に登録
  2. 取引所に入金
    ・銀行振込
    ・コンビニ支払い
    ・クレジットカード支払い
  3. 購入

ここで注目したいワードが「仮想通貨取引所」です。仮想通貨取引所とは、簡単な話が銀行です。世の中に「みずほ銀行」「りそな銀行」「三菱東京UFJ銀行」といった銀行があるように、仮想通貨取引所も複数存在しています。有名どころでいえば「bitFlyer」「GMOコイン」「Zaif」「Coincheck」などが有名です。

取引所名称(順不同) URL 取扱い通貨
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でbitFlyer(ビットフライヤー)  https://bitflyer.jp BTC
ETH
MONA
ETC
LTC
BCH
zaifZaif(ザイフ) https://zaif.jp BTC
XEM
MONA
BCH
ETH
GMOコインGMOコイン(ジーエムオーコイン) https://coin.z.com BTC
ETH
XRP
LTC
BCH
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinCoincheck(コインチェック) https://coincheck.com BTC
ETH
ETC
LSK
FCT
XMR
REP
XRP
ZEC
XEM
LTC
DASH
BCH

どの通貨に注目するか、あと取引所サイトの使い易さなどを比較して、2つくらい取引所で口座開設しておけば事足りると思います!ちなみに口座開設は、普通の銀行口座と同じように無料で作ることができます。

 

ビットコイン(BTC)をタダで貰おう

仮想通貨を初めた当初、僕個人がうれしかった機能として、ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」というコーナーがあります。ポイントサイトと同じように、無料会員登録や資料請求、紹介されているサイト(ピザハットとかマツモトキヨシ)を利用することで、購入金額の数パーセント分のビットコインがタダで貰える仕組みです。※毎週ピザを食べているので、ピザ購入金額の2%分のビットコインが貯まります。

このコーナーでもらえるビットコイン数は、数十円〜数百円程度と少額ですが、クレジットカードの発券なんかだと、いっきに3,000円分のビットコインがもらえたりするので、良さそうなクレカがあればビットフライヤー経由で作るのも良いかもですね。2018年1月半ば時点では、エポスカードとかファミマTカードとかTOKYU CARDが確認できました!

 

次回予告

今回は仮想通貨について簡単に説明してみました。仮想通貨はビットコインの他にもたくさんの種類が存在しており、それらは取引所で購入することができる。今はそれだけ知ってもらえれば大丈夫です!次に仮想通貨ネタを更新するときは、いま僕が行なっている仮想通貨あそびを紹介しようと思います。

PR



-others
-, , , , ,