【映画】Avengers : Age of Ultronの感想。

2015/08/01

先日、二子玉川の109シネマズで映画「Avengers : Age of Ultron(アベンジャーズ エイジ オブ ウルトロン)」を見てきました!参考までに、上の動画は今作で楽しみだったシーンの一つです。アイアンマンの中の人であるトニー・スタークが、ブルース・バナーがハルクとなって暴れた際の対応策の一つとして作っておいたスーツが、この「Hulkbuster(ハルクバスター)」です。分かりやすく言えば、対ハルクのためのアイアンマン強化パーツです。

あまりネタバレするのも良くないので、簡単に感想だけ。これまでのアベンジャーズ及びアイアンマンシリーズと比べると「有機物質要素」が多く、これまでがサイエンスフィクション(SF)だとしたら、今作はファンタジーに近いように感じました。個人的にアイアンマンに対しては「最新技術を用いた格好良さ」を求めていたために、これまでの作品と比べると、そういった最新テクノロジーが見れる機会が少なかったのはチョット残念でした。

とはいえアベンジャーズは、戦略国土調停補強配備局、通称SHIELD(シールド)に属しているため、最新メカなどが全く見れない訳でもなく!きっとアベンジャーズ2に有機物質要素が多かったのは、おそらく次回作に向けた新キャラクターの設定もあるのだと思いました。詳しくは映画を最後まで見れば分かるはず。

PR



-Movies
-, , ,