【Digital Camera】α5100を使い始めてもうすぐ一年、その感想。

2016/06/02

SONYのα5100を使い始めてもうすぐ1年が経ちます。今回は実際にα5100を一年間使ってみての感想や、ココが便利だと思うことを書いてみます。

ILCE-5100L1

SONY α5100のココが便利!

ずばり本体の軽さです。(便利という表現が適切かは分かりませんが)α5100の本体重量が224グラムと軽量のため、とにかく持ち運ぶのに便利です。三脚を使わない長時間の撮影でも腕が疲れません。αシリーズのハイエンドモデルとなる、α7SⅡの本体重量は584グラムですし、Canonが世界最小・最軽量と唄っている一眼レフのEOS Kiss X7も407グラムということで、α5100は実際に半分程度の重さです。

 

 

SONY α5100のココが好き!

ミラーレス一眼のくせに、自撮りが得意なカメラという点です。本体背面の画面を引き起こすと、カメラレンズを覗きながら画面を見ることができます。この時、画面の映像も自動反転するため上下が逆さまに映ることもありません。この状態でシャッターを切ると、タイマー機能が働いて2秒後に撮影されます。まさに自撮りのためにあるような機能が備わっているのです。これも片手で楽々持てる軽さのα5100ならではの機能だと思います。

α5100レビュー1

 

SONY α5100のココが嫌い…

数日放置したあとの初回起動時間が若干遅いです。(とはいえ他の方のレビューでは、起動時間が早いという意見の方が多いため、もしかすると不良品の疑いも…)1日〜3日程度の頻度で使っているときは、電源を入れればすぐに起動しますが、一週間ほどα5100を触らない日が続くと、その後に起動しようとすると、電源を入れてから3秒ほどタイムラグが生じます。そこまで気になる程でもありませんが、強いて言うなら起動時間。

 

SONY α5100のココがおすすめ

6万円台というリーズナブルな価格です。一眼レフが欲しいけど高くて手が出ないという方には、迷わずミラーレス一眼のα5100をおすすめできます。写真家やプロカメラマンが使うなら兎も角、一般人が使う分にはミラーレス一眼も、普通の一眼レフでも、大差ない写真を撮ることができます。α5100の性能で6万円台の価格設定は、本当にお財布にも優しい値段だと思います。

※ただし広角レンズや望遠レンズなど、αシリーズ専用のオプション品が多く販売されています。それらのオプション品は、余裕でα5100の本体価格を上回るものが沢山あるので、あれもこれもと手を出してしまうと、あっという間に破産できます。ビギナーはパワーズームレンズキットで十分事足ります!

他にも、Wi-Fiに対応しているのでワイヤレスで画像をPCに保存できたり、カメラ内にアプリを入れることで、様々なシチュエーションの写真を撮ることが可能となります。例えば光の軌道とか、星の動きとかetc...詳しくは過去記事をどうぞ!

デジタル一眼カメラ「SONY α5100」ライトトレイルが面白い。

SONY「α5100」は一眼ビギナー向けカメラ!

ソニーα5100で光の軌道を撮ってみました。

 

これ多少の衝撃や傷から守るのにイイですよ。

ソニー 「α5100」用ボディケース「LCS-EBD」(ブラック) LCS-EBD-B

PR



-camera
-,