【Aquarium】トランスルーセントグラスキャットを飼い始めました!

2017/07/19

愛猫家の皆様こんにちは、naoyaです。ついに自分も「トランスルーセントグラスキャット」を飼い始めました!トランスルーセントグラスキャット(以下、グラスキャット)なんて滅多に聞かない名前だと思うので、今回はグラスキャットについて書いてみたいと思います。

 

 

・・・え?グラスキャットなんて名前、聞いたことないって?

 

 

グラスキャットが他の種類と大きく違う点は、まず毛がないということです。触り心地はスベスベ…というよりもザラザラ&ゴツゴツと言った方が近いと思います。そしてこれが最大の特徴なのですが、目に見えるのだけど見えない…なんと頭部以外の体がスケスケなのです!

 

 

そんな猫が居るはずがないですって?誰も猫とは言ってません。グラスキャットとは、下の写真のお魚ちゃんなのですから。

トランスルーセントグラスキャット

ちょうど中央あたりにいる細長い三匹の子が、今回ご紹介する淡水魚のトランスルーセントグラスキャットです。ご覧の通り、胴体が半透明となっているスケスケの魚で、その外見の気持ち悪さから別名をゾンビとも呼ばれる魚です。

 

 

大きさはメダカほどで性格も温厚、水温にさえ気を付けていれば非常に飼いやすいグラスキャットは、こう見えてナマズ目に属するナマズの仲間なのです。拡大してみるとナマズっぽさが分かるかもしれません。ほら。

グラスキャット

ナマズのヒゲっぽく、グラスキャットにも触覚のようなヒゲがついているのです!

 

 

上でも少しだけ触れましたが、温厚な性格の淡水魚ということで、我が家のピグミーグラミーやクーリーローチ、メダカとミナミヌマエビたちとも仲良く混泳させることができています。

 

 

このグラスキャットたち、いつもはユラユラと3匹で並んで泳いでいるのですが、お食事タイムだけは性格が豹変します。それがまた可愛いのですが!餌を食べる時だけは、水槽内でも狩りをするかの如く機敏に泳ぎまわりるので、ギャップ萌えすること間違いなし!

PR



-aquarium
-,