USB-RGB2を使った「マルチディスプレイ」設定について。

2016/04/20

Welcome to Eye Love Photo.
Thank you for coming!!

パソコンでの作業が何かと便利になるマルチディスプレイ。マルチディスプレイのメリットは、入力作業をしながら、別画面で検索などが行えることでしょうか。一つの画面で、いちいち入力画面とブラウザを切り替えなくて済むので、レポート作成時などに大活躍します。

元から画面が二つあれば解決する悩みは、とっとと画面を増やせば良いだけの話。今回は、MacBook Airを別モニターと接続して、マルチディスプレイにしようとした際に、設定に一癖あったので雑記にて紹介します。

マルチディスプレイ
▲マルチディスプレイ

Windowsのパソコンをマルチディスプレイで使っていた時と同じように、今回も【モニター⇔ディスプレイケーブル⇔USBグラフィック⇔PC本体(USB)】という順でMacを繋いでみたところ、見事に映りませんでした。どうやらモニターとPCを繋いでいる「USBグラフィック(USB-RGB2)」のソフトウェアが、MacOSに対応していなかったようです。

ソフトウェアの更新を行うために辿り着いたサイトがDisplayLinkという海外サイトです。よく分らないまま「Agree(同意)」を押すのも怖かったのですが、一応、USB Graphics Software for Mac OS X V2.2と書いてあったので、さっさと更新してしまいました。

結果、無事にモニターに映像が出力されるようになりました!今回は決して完璧な対処法とは言えませんが、結果的に使えるようになったので、まぁ良しとしましょう。同じようなことで悩み、このブログに辿り着いた際は、ぜひ参考にしてみてください。

マルチディスプレイ
▲USBグラフィック(USB-RGB2)

浅い知識でも何とかなるものですね!
Please visit again soon.
bye‐bye:D

PR



-others
-