無印良品のアクリル冷水筒が収納の常識を変えた。

2016/04/20

先日テレビを見ていたら、無印良品のアクリル冷水筒が紹介されていました。確か王様のブランチだったかな。とある機能が便利のようで、これまでに160万個くらい売れているそうです。そのアクリル冷水筒っていうのがこれです。

アクリル冷水筒
▲無印良品のアクリル冷水筒

夏前に100均で買った冷水ポットが水漏れし始めたタイミングもあるのですが、この無印良品のアクリル冷水筒の「ある機能」が便利そうだったので、彼女とのデートがてら、二子玉川の無印良品でアクリル冷水筒を買ってきてしまいました!その、ある機能というのがこれです。

倒して冷蔵庫にしまえる
▲倒して置いても漏れません

ご覧の通り、冷蔵庫に倒した状態で置いておくことができます!通常、こういう冷水ポットは冷蔵庫の扉にあるポケットに入れた状態で冷やしておくことが多いと思います。しかし我が家の冷蔵庫の扉収納には、ハインツのトマトケチャップをはじめとして、キューピーのマヨネーズや、ピエトロのドレッシングなど、普通に冷蔵庫に収納しようとすると若干高さが邪魔して入らない大きさの調味料が占領しています。

毎食サラダが食卓に並ぶ家なので、ドレッシング類を減らすことは不可能と考えて、であるならばお茶を扉ポケットでは無いところに収納してしまおうと思い、このアクリル冷水筒を購入してみました。

2リットルの容器の割りに、手にフィットする持ちやすい設計がされており、何と言っても値段が税込790円と良心的!実際に使ってみて、160万個が売れたという意味も分かるような気がしました。冷蔵庫をスッキリさせたい人は、お近くの無印良品へGO!

PR



-others
-, ,