【Aquarium】アクアリウム水槽のお引越し。LEGLASS C35を立ち上げました!

2017/07/19

こんにちは、naoyaです。このたびアクアリウムで使っている水槽をリニューアルしてみました!これまでは水作の「グラスガーデンS300」という、アクアリウムで使う水槽の中では比較的スリムな水槽を使っていたのですが、今回はコトブキ工芸の「レグラス」シリーズからダックスC35(横幅が35cm)という、グラスガーデンS300よりも横幅比でプラス5cmほど大きくなる水槽を選びました!

 

LEGLASS C35

これがレグラスのダックスC35です。レグラスシリーズの特徴としては、表側の角が曲がりガラスとなっていることだと思います。このレグラスには、C35の他に、C45、C60というサイズも存在しており、本音を言うとC45( 横幅45cm)が欲しかったのですが、そのサイズを選んでしまうとグラスガーデンS300使用時から愛用している「フラットLED300」という照明が使えなくなってしまうため、まずはレグラスのC35に落ち着いてみることにしました。

 

水槽立ち上げ

生活感丸出しの背景で申し訳ないです。水槽をリニューアルというと聞こえは良いかもしれませんが、実際には水槽をゼロから立ち上げることに変わりありません。より魚にとって良い環境となることを意識した結果、今回は新たに黒いソイルを使用することにしました。とりあえずドサッと敷き詰めた感じがコチラ。

 

ソイル濁り

隠れ家や水草をセットして水を入れたところです。ソイルなのでこれくらいの濁りは許容範囲でしょう。30分も経過すれば濁りも落ち着いてきます。

 

水槽の比較

そんな感じで左が新しく立ち上げた水槽「レグラス ダックスC35」です。そして右側がグラスガーデンS300となります。正面から見るとそこまで大きさは変わらないように見えますが…これを上から見ると一目瞭然!

 

コトブキと水作

上から覗くと、新しく立ち上げたレグラスC35(左)の方が、グラスガーデンS300(右)よりも奥行きが2倍ほどあります!実際に水槽の中で泳ぐ魚たちにとっては、単純に泳げるスペースが倍以上に広がったことで、ストレスフリーな環境になったかもしれません。この中で泳ぐ魚たち(新しい仲間も増えた!)については次回更新ということで!

PR



-aquarium
-, ,