いまジャズが熱い!来るかジャズブーム!?

2017/08/04

こんにちは、naoya(@elp708)です。突然ですが皆さんは、音楽のJazz(ジャズ)に興味はありますか?もしくはジャズで知っている曲や、お気に入りの曲はありますか?ジャズに興味がない方でも「SING SING SING(シング シング シング)」くらいは、一度は聞いたことがあると思います!これです。

▼SING SING SING(シング シング シング)

SING SING SINGはジャズの中でも「SWING(スウィング)」と呼ばれるジャンルのジャズです。今回はスウィングを中心に、ジャズの中でも聴きやすいノリノリ系ジャズをご紹介したいと思います!ちなみに僕自身も、そこまでジャズに詳しいわけではありませんが、ジャズ初心者の立場として「ジャズを好きになるキッカケ」となり得るようなジャズを紹介できればと思います。※なのでジャズに詳しい方には物足りない記事内容かもしれません。

なぜ今、Jazzなのか。

いま僕がジャズ音楽に注目している理由としては、ここ最近やたらジャズに関わる作品が発表され続けているからです!その作品の一つが、2016年末に大ヒットした映画「LA LA LAND(ララランド)」があります。ララランドは「女優を目指すミア」と「ジャズピアニストを目指すセブ」のラブストーリーとして大ヒットしましたね。映画館で観た翌日には、サントラを買ってしまいました!それくらい良かった!

LALALAND

そういえば、8月2日にLA LA LANDのDVD/Blu-rayが販売されます!まだ観ていない&もう一度観たいという方は、ぜひ下のリンクからポチっちゃってくださいね!※Amazonのページに飛びます。個人的には、ミアとセブが笑いながら歌う「City Of Stars」は必見&必聴だと思います。※僕がエマ・ストーン大好きだからかもしれませんが!

 

 

ジャズ推しな理由はララランド以外にもあります。それがこのマンガです!

BLUE GIANT

小学館の漫画「BLUE GIANT(ブルージャイアント)」は、ジャズに魅せられた主人公・宮本大(ミヤモトダイ)が、世界一のサックスジャズプレイヤーを目指すサクセスストーリーです。

僕がブルージャイアントを知ったキッカケは、何気なくCMで見かけたアプリ「Manga One(マンガワン)」というマンガアプリをダウンロードして、たまたまイッキ読み期間中だったブルージャイアントを読んでみたところ、以来単行本が発売される度に買うようになってしまいました!ちなみにBLUE GIANTを書いてるのは「岳-ガク-」でも有名な石塚真一さんです!ドラマ化されたので知っている人は多いと思います。

◆マンガワンのダウントードはこちら!

iPhoneの方 → マンガワン

Androidの方 → マンガワン

BLUE GIANTが超有名になった事件!

BLUE GIANTは面白い…とはいえジャズ漫画。ギャグ漫画のような響きのジャズ漫画!元々は知る人ぞ知るニッチな漫画だったのですが、ある出来事がキッカケとなって一気にブルージャイアントの人気が爆発しました!その出来事が人気番組「アメトーーク!」で、本屋でマンガ大好き芸人たちに取り上げられたことです。この番組で芸人がピックアップした作品や家電は、放送日の次の日から人気が出るという法則が発動して、麒麟川島を中心に他メンバーも挙ってオススメした結果、BLUE GIANTの人気が爆発しました!

BLUE GIANTだけじゃない!

これまで「LA LA LAND」「BLUE GIANT」を紹介しましたが、今期に注目したいジャズ関連のアニメもあります。正確に言うとジャズではないのですが、そのアニメとは「ボールルームへようこそ」という社交ダンスを題材としたアニメです。

やりたい事もなく、進路に悩む中学三年生の富士田 多々良(フジタ タタラ)が、たまたま入った小笠原ダンススタジオで見た同級生に影響されて、徐々に社交ダンスの魅力にハマっていく物語となります。音楽系のサクセスストーリーとしては、どこかブルージャイアントに似ているところもあるため、ブルージャイアントが好きな人にはオススメです!絶賛テレビでも放映中ですし、AmazonプライムTVでも観ることができます!マンガアプリで読みたい方は、LINEマンガにありました!

◆LINEマンガのダウンロードはこちら!

iPhoneの方 → LINEマンガ

Androidの方 → LINEマンガ

このように、ジャズに関連した作品を多く見かけるようになってきたので、いま密かにJazzブームが来ているのでは?と感じています。普段からRock、HipHop、Popなどのジャンルを聴いていると、どうしても「古臭い」とか「ノレない」と思われがちなジャズですが、以下からは初心者でも抵抗なく聴くことのできる、ノリノリ系なジャズを幾つかご紹介します!

▼Fly Me To The Moon

 

元はFrank Sinatraのジャズ音楽ですが、動画は今風にアレンジが効いたPatina Jazzバージョンです。英語も簡単なので、この曲でピアノの弾き語りができたらカッコイイですね!ちなみにFly Me To The Moonは、テレビ版エヴァンゲリオンのエンディングでも使用されていたため、知っている人は多いと思います。

▼All Night

 

こちらは僕が最注目しているオーストリアのDJ「Parov Stelar(パロフ・ステラー)」のAll Nightです。ジャンルとしては「エレクトリック・スウィング」となるので、スウィングジャズの今風バージョンといったところでしょうか。

▼Catgroove

 

同じくPalov StelarからCatgrooveをご紹介します。こちらもエレクトリック・スウィングとして、現代風にアレンジされたスウィングジャズとなります。

いかがですか?ジャズだから聴いてこなかっただけで、実際に聴いてみると「コレいいかも!」と思う人もいるかと思います!いきなりスローなジャズから入ってしまうと「やっぱりジャズって眠くなる…」と感じてしまうと思うので、まずはノリノリ系ジャズのスウィングからジャズの世界に入ってみてください!

PR



-others
-, ,