あのハゲが大変なことになっているらしい。

2016/05/14

最新のLED表示灯を惜しみもなく光らせたかの如く、その頭皮をピカピカ光らせながら怒鳴り散らす、またの名を「首切り名人」こと、M部長の最新情報を入手しました。こんにちは、naoya(@elp708)です。※以前に勤めていた会社の話です。名誉毀損などで訴えられても面倒なので、個人名は伏せています。

 

以前、裏参道をひっくり返した場所にある、広告代理店とは名ばかりの会社に勤めていました。当初思い描いていた期待とは裏腹に、入社早々「さぁ、行くのだ!」という感じで、同僚含む3名それぞれ指定された出張先で、使い捨て社員のように雑に扱われたのは、今となっては良い思い出となっています。結局その会社は数ヶ月で辞めてしまったのですが、それも含めて貴重なブラック企業体験ができました。

 

▼当初は強がって、こんな記事を書いてましたw

飛び込み営業、営業職ならやってみろ。

 

そこで出会ったM部長こと通称ハゲが、いま危機的状況にあるという話が舞い込んできたのでブログネタにさせていただきます。(なおソースは直近で退職する元同僚です。)中途採用組を幾度となく退職に追い込んだことから、またの名を「首切り名人」と呼ばれるM部長が、あまりにも好き勝手に首切りをし過ぎたが故に、自らの部長としてのポジションが危ういとのこと。これまで採用活動を続けてきた会社も、これ以上M部長に首切りをさせていては、ただただ採用と退職が繰り返されるだけであることにようやく気づいたようで、M部長を「部長」というポジションから降ろす動きがあるそうです。

 

ひとことで言えば「ざまぁ!」って感じ?

 

実のところ、慢性的に営業人数が足りていない原因だったり、M部長の傲慢さにムカついて中途社員が辞めていく現状を、知人を通してM部長の上の立場の人間にチクっていたのは、何を隠そう私なんですけどね。人の人生(私の場合は職務経歴)をズタズタにしてきたM部長の罪は重いと思うので、あの会社を辞めた今でも、M部長が落ちぶれることを切に願うのであります。

 

多分これが復讐とか恨みという感情だ。もっと禿げろ!

PR



-others
-, ,