【Aquarium】フラットLED300でカボンバは育つのか?

2017/07/19

水槽

2015年の下旬、メダカの水槽を新調しました。買ったのは水作のグラスガーデンS300(スリム型300mmタイプ)。グラスガーデンS300は、水槽+ろ過装置(水作スペースパワーフィットプラスS)が付いたスターターセットです。部屋のインテリアとして馴染みそうだったのでコレを選びました!グラスガーデンS300を使った感想は「インテリアとして最適」ということです。部屋の中に何気なくアクアリウムがあると、メダカの動きや揺れる水草が何とも心地よい癒しを与えてくれます。

 

水槽をインテリアとして設置してから一ヶ月ほど経過した頃に、水槽の中に変化が起きました。水槽内にはカボンバという水草を植えているのですが、緑から茶色っぽく変色してしまい、結果的に枯れてしまいました。恐らく原因は、光合成できなかったのでしょう。※小さい水槽を使っていた頃は、陽が当たる位置に移動したりして、なるべく日光に当てることで問題なく育っていたので!

 

今回スリム型の水槽を選んだとはいえ、移動させるのが面倒くさい大きさであることに変わりないので、思い切ってこれを買いました!

フラットLED300

KOTOBUKIの「フラットLED300」というLED照明です。箱に書いてある通り、本物の明るさと美しさを求めて使ってみることにしました!

 

 

フラットLED300 裏

30cm幅の水槽に乗せるだけ、簡単に設置ができます。LEDライトのため、省エネかつ発熱の心配もありません。

 

 

フラットLED 全体

水槽に取り付けるためのアタッチメントは、伸縮性のある設計がされているため、30cm〜38cmの水槽まで取り付け可能です。今回、LED照明を付けるタイミングでカボンバも植え直しました!生い茂ってるぜ!

 

 

フラットLED300 照明

このフラットLED300は、スイッチひとつで照明の色を変えることができます。赤色と青色のLEDのみ点灯させた場合は、ちょっとエロティックな雰囲気が出るパープル色になります。部屋に女の子を連れ込んだ際には、お酒を飲みながら眺めて、その後は…

 

一般的に「LED照明では水草が育たない」と言われていますが、カボンバは今のところ問題なく育っています!人工的な光ではあるものの、日中にLED照明を点けっぱなしにしていたら、いっきに新しい根が垂れてきました!これでカボンバ光合成できない問題は解決できたと思います。

 

メダカも水草も生き物です。人間と同じように、昼夜を感じて生きているので、人間が寝るときは照明を消してあげましょう!

PR



-aquarium
-, ,