【アプリ】EyeEmで世界を知る。

2017/02/10

今回はお気に入りの写真アプリを紹介いたします。

その写真アプリとは「EyeEm(アイエム)」です。じつは当ブログの名前も、このアプリ「EyeEm」の影響を受けて「Eye Love Photo」とさせていただきました。ブログタイトルやURLに影響しているほど、個人的に大変お気に入りのスマートフォンアプリなのです。そして、このEyeEmが優れている点に関しては、自分が撮った写真一枚から、世界中の風景を知ることができ、写真一枚を通して、世界中の人々とコミュニケーションを図ることができるということです。

EyeEmの操作画面

<写真の共有>
例えば、あなたが友達や家族と笑顔で写っている写真をEyeEmにアップロードするとします。その写真には「smile」といったタグを付けると良いでしょう。たったそれだけで、あなたと同じようにスマイルにタグ付けをした、世界中のEyeEmユーザーに写真が共有されます。もちろんSNSの定番「いいね!」に類似した、♡(ハートマーク)を貰うことだってできます。

<写真の閲覧>
自分の撮った写真は「smile」のタグがついた、EyeEm自体のフォルダ内に格納されます。よってsmileタグをクリックして、EyeEmフォルダに入っていくと、smileというタグを付けてEyeEmにアップロードされた、世界中の人々が「笑顔」で写っている写真を見ることができます。サラリと簡単に言いましたが、これこそがEyeEmの醍醐味となります。日本でいう「笑顔」の写真は、友達と笑いあっている写真かも知れませんし、結婚式での一幕かも知れません。ですがEyeEmを通して世界規模で「smile」の写真を見ると、日本ほど豊かな暮らしでは無いながらも、毎日を楽しそうに過ごしている子供の写真であったり、世界中の恋人たちの笑顔、はたまた動物がみせる一瞬の笑って見える表情など、同じ「笑顔=smile」でも、世界各国の様々な視点から見ることができることこそが写真共有アプリ「EyeEm(アイエム)」最大の面白さだと思います。

もし、Twitter(ツイッター)を使っているようであれば、写真に特化したTwitterだと思えばよいと思います。また、写真に特化したTwitterというと、Instagram(インスタグラム)が代表的な写真共有アプリですが、Instagramよりもアクティブユーザーが多く、お洒落で、より直感的に使える写真共有アプリだと思います。

iOS用 EyeEm
Android用 EyeEm

PR



-mobile
-