【アプリ】EyeEmによるストックフォトの8月〜10月の収益報告!

2017/02/10

こんにちは、naoyaです。11月最初の記事は11記事目となるEyeEmについて書いてみたいと思います。

EyeEmの基本的な説明については当ブログの過去記事や、他の方々が書いた分かりやすいブログを参考にしてください。本記事では本当にスマホで撮った写真がアプリEyeEmで売れるのか?売れたとしてどの程度の収益が発生するのか?という疑問を晴らしていただければと思います。

ちなみにEyeEmはメチャクチャ稼げるものでは無いので、EyeEmで食っていけるのか?などと思ってしまった方は、速やかにお引き取りください。ちなみに6月時点でのEyeEm収益については「EyeEmによるストックフォトの6月収益報告」でも発表した通り、ざっくり1,400円くらいでした。所詮その程度です。

EyeEm収益

長くなってしまうので早速ね。これがEyeEmの報酬を受け取るために開設したPayPalのスマホ管理画面です。5月42.30ドル、6月13.50ドルと続いて、8月5.07ドル、9月10.50ドル、10月11.58ドルという感じで、少額ですが毎月EyeEm経由、もしくは連携されているGetty imagesを通して写真が売れています。

金額にバラつきがあるのは、売れた写真のサイズによって販売価格が違うためです。販売価格の参考までにGetty imagesで僕の写真がいくらで販売されているのかというと、XSサイズが9,000円、Sサイズが10,000円、Mサイズが18,000円など。ちなみにLサイズは見たことがありません。販売価格の数パーセントが報酬になっているのだろうと思いますが、パーセンテージは忘れてしまったので今度調べてみます。

爆発的な収入源にはなりませんが、EyeEmにハマった皆々様、およそ3ヶ月目くらいから写真が売れ始めているみたいです。写真を売る大前提として、まずは写真をEyeEm Marketにたくさんアップロードしてみてくださいね。普段の生活において何気なく撮った写真が、世界のどこかで必要とされている写真かもしれないので、ポイントサイトでお小遣い稼ぎをしている学生やサラリーマンたち、そして暇を持て余した専業主婦の方々など、意外とEyeEmいいかもしれませんよ。

PR



-mobile
-, , ,