【Bike】ドラッグスタークラシックというバイクについて。

2014/08/11

Welcome to Eye Love Photo.
Thank you for coming!!

私の乗っている「ドラッグスタークラシック400(DragStarClassic/DSC)」というバイクについて。ドラッグスタークラシックは、YAMAHAが販売している「アメリカン」という形のバイクです。ルパン三世のキャラクター「次元大介」や「峰不二子」が乗っていそうなバイクをイメージしてください。※YAMAHAではアメリカンのことを「クルーザー」と呼びますが、一般的にはアメリカンという表現で会話が成り立ちます。

-----------------------------
社名:ヤマハ発動機(YAMAHA)
車名:Drag Star Classic Four
型番:XVS400C
通称:ドラスタ/DS/DSC/ドラクラ
-----------------------------

エンジンは通称「空冷Vツイン」と呼ばれるタイプで、2本のピストンが交互にガソリンを燃焼させるため、振動で振動を打ち消すような鼓動を感じることができます。1996年にYAMAHAのアメリカン「ビラーゴ」の後継車種として登場して以来、「国産アメリカン」という地位で不動の人気を誇っています。「ロー&ロング」な外見は、見る人にとっても他のバイクとは違った印象を与えることができます。

現在までに「ドラッグスター250」「ドラッグスター400」「ドラッグスター1100」、その派生モデルとして「ドラッグスタークラシック400」「ドラッグスタークラシック1100」、海外輸出向けモデルとして「ドラッグスター650」といった種類が販売されてきました。更にドラッグスターを継承した、通称「スターシリーズ」と呼ばれる逆輸入モデルとして「XV1900CUレイダー」「XV1900Aミッドナイトスター」「XVS1300CAストライカー」「XV1700ウォーリア」といったバイクも存在します。実に奥が深く、それだけ世界的に人気のバイクといえるでしょう。

フィッシュテールマフラー
▲アメリカンドリームス社「2in1ゴードンフィッシュマフラー」は、魚の尾びれの形をしていることが由来です。

ライディングポジション
▲ETCはミツバサンコーワ社「アンテナ一体型ETC車載器(MSC-BE21)」を設置しています。手持ちのiPhone5は「HYAKKI」のケースと組み合わせることでナビに早変わり!!

BLUE LED
▲主張しすぎない程度に「青いLEDライト」がエンジンと足下を照らします。

YAMAHAのドラッグスター、HONDAのスティードやシャドウ、SUZUKIのイントルーダークラシック、Kawasakiのバルカンやエリミネーターといった「アメリカン」の形をしたバイクは、バイク最大のメリットである「速い」「小回りが利く」「燃費が良い」という部分において、全てが逆の「遅い」「小回りが利かない」「そこまで燃費も良くない」というバイクですが、それらを度外視したとしても、充分に魅力を感じることのできるバイクだと思います。

アメリカンというバイクは、「乗って楽しく、見て楽しい。」そんなバイクです。バイクに憧れている方、免許を取得中の方、購入を検討されている方は、ぜひアメリカン(特にドラッグスターシリーズ)を選択肢に入れてみてください!そして、ドラッグスターオーナーになった際には、ぜひツーリングチーム「前科三犯」にお声がけください♪

Please visit again soon.
bye‐bye:D

PR



-motorcycle
-