仮想通貨はビットコインだけじゃない!bitFlyerは国内最大手の取引所です。

こんにちは、naoyaです。今回は仮想通貨でお馴染みの【ビットコイン】について書いてみたいと思います。正直いまさら感もあるビットコインネタとなりますが、実は仮想通貨はビットコインの他にも、イーサリアム、リップル、ネム、ノアetc...じつは有名な仮想通貨がビットコインなだけであって、世の中にはたくさんの種類の仮想通貨が続々誕生しています!では、なぜビットコインの知名度だけが高まったのでしょうか?

マウントゴックス事件

まず、ビットコインと聞いて何を思いますか?きっと多くの方々は「マウントゴックス事件」という言葉をニュースで耳にしたことがあるかと思います。…というのも、ちょうど2017年7月11日にマウントゴックス社のマルク・カルプレス元社長の初公判が東京裁判所で行われたので、また最近になって「マウントゴックス」の名前をテレビから聞くようになってきました。

そもそも「マウントゴックス」とは何なの?

マウントゴックスとは、ビットコインを取引するための取引所です。簡単な話がインターネット上の銀行です。銀行で取り扱っている通貨が、円でもなく、ドルでもなく、ユーロでもない、ビットコインという仮想通貨となるだけです。ちなみにビットコインは「BTC」と略されます。

…という訳でマウントゴックス事件とは、その銀行が強盗に入られてビットコインが無くなっちゃったよ!という事件です。その損失額を現金換算すると約28億円分とも言われています。※外部からの不正ハッキングによってビットコインが消失したとのことですが、後からカルプレス社長が横領していた形跡もあったとのこと。起こりべくして起こった事件ということは言うまでもなく。

そんなこんなで、ビットコインが一般的に知られるようになった第一報がネガティブなニュース内容だったので「怪しい」とか「危ない」と思われても、それは仕方ないといえば仕方ないですね…それじゃ、ビットコインのメリットは何なのか?

ビットコインのメリット

僕は、ビットコインのメリットは大きく分けて2つあると思います。まず「ボーダーレス」と言うことと「送金手数料が安い」ということです。ボーダーレスについては、ビットコインはインターネット上の仮想通貨のため、世界中のどこ通貨にも属さない存在であることからボーダーレスと言えます。インターネット上のサーバーに情報を置くことで、インターネットが使える環境であれば、どこでも必要な情報を出し入れできる「情報のクラウド化」が進みましたが、それのお金バージョンということになります。

また「送金手数料」については、ブロックチェーンという新しい技術を用いて、銀行などの仲介組織を通さない個人間での直接送金が可能なため、取引ごとに掛かってくる手数料なども無料、または格安というメリットがあります。ちなみに2017年7月現在、bitFlyerでの10万円未満分のビットコイン取引手数料は0.15%となります。

革新的なブロックチェーンと謎について

仮想通貨ビットコイン(BTC)の中枢ともいえる技術が「ブロックチェーン(ブロックチェイン)」です。ブロックチェーンについて説明すると、やたら話が複雑化するので割愛しますが(というか詳しくない)簡単に言うと「取引履歴がそのまま次の取引情報の元となり、その情報を元に取引すると新しい取引履歴が作られ、取引履歴が〜(連鎖します)」と鎖状に繋がっていく仕組みの技術を言います。

例えば、僕の取引番号が「123」で、取引番号が「456」の人と取引した場合、新たに「579」という取引番号(履歴)が生まれます。その場合、僕の最新の取引番号は「579」になります。その取引番号を持ったまま「789」番と取引した場合「458」という取引番号になる感じです。※たとえ話のロジックは簡単なのでチョットだけ考えてみてくださいねw

このブロックチェーン技術について。なんと開発者は「サトシ・ナカモト」という日本人とのこと!一人の日本人として、世界的なサービスの根幹を生み出した人が日本人であることは実に誇らしいですね。ただし分かっているのはSatoshi Nakamotoの名前だけ。明らかに日本人の名前であること以外、どんな人物なのかは明らかになっていないことはブロックチェーン技術最大の謎と言えるでしょう。

国内におけるビットコイン取引所の勢力について

マウントゴックス亡き今、国内におけるビットコイン取引所は次の2強となります。一つは「Coincheck(コインチェック)」と、もう一つは「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。今回はビットコイン取引量最大を誇るビットフライヤーについて調べてみました。※Coincheckは調べが追いついていないので今回は触れません。

bitFlyerについて

bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本最大級の取引量を誇るビットコイン取引所となります。バックボーンとなる株主も強力で「SBIインベストメント」「三井住友海上キャピタル」「三菱UFJキャピタル」「第一生命」「みずほフィナンシャルグループ」「GMOベンチャーキャピタル」など、大手と名の知れた企業が株主となります。また、取り扱っている仮想通貨はビットコインのほか、イーサリアム、アルトコイン、ライトコイン、リップルなど多種類を取り扱っているため、ビットフライヤーのアカウントを作っておけば日本国内で知られている仮想通貨は概ねカバーできると思います!

2017年7月17日時点での1ビットコインあたりの価格は220,654円となっています。ちょうど一ヶ月前の6月17日の価格が286,717円だったので、安くなってきているとはいえ、まだまだ1BTCあたり20万円台のため今はまだ買い時ではないと思いますが、一昔前は1BTCあたり60円の時代もあったので、安くなった時にビットコインを買っておけば、仮想通貨バブルに乗れるかもしれませんね。ビットコインに限らず、ほかの仮想通貨に目を向けてみるのも面白いかも知れません。引き続き、仮想通貨での取引などを行ったら記事を更新してみたいと思います!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインは、ビットフライヤー

PR



-others
-,